意外と回復した八重根にドボン!

ご案内:緊急事態宣言が解除され、「アルケロン」及び「なぎの木」も徐々に営業を再開しております。 

しかしながら、新型コロナウィルスの感染事情は終息したわけではなく、昨シーズンのように「Withコロナ」という新しい様式でのダイビング旅行となります。

ご予約・ご来島の前に、コロナ禍での営業取り組みを今一度ご確認くださいますようお願い申し上げます。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ

皆さまへは大変ご不便をおかけ致します。

また、上記以外にも現地にて細かい指示をさせて頂くかと思いますが、どうぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

ダイビング中は今までと同様に、ご案内させていただきます。

皆様にお会いできる日を楽しみにしております。

八丈島ダイビング アルケロンより

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!

今日の八丈島は、夜から朝まで雨雨雨。 特に朝方は大雨だったようで、外に置いてあるバケツに水たっぷりでした。。

風も一晩南西だったので、八重根はダメかな~と思ってたら意外にも回復。

午後からのんびりと潜ってきました。

210405-ya02

ほどほどのうねりはあるものの、ここ最近では良い方かもしれません。

水温も余裕の20℃オーバーでした。

2021/4/5☔のち☁ 八重根 水温20℃ 透視度15m 気温13.9-21.4℃ 風:南西→北東(Max18.5m/s)

ドボンと入ると、湾内の水面に流れ藻がもっさり!

これは宝箱か!

きっと色々いるに違いない!

でも帰りにね、と行きはスルー。

benishibori200301

潜降すると水底にはベニシボリとその卵塊がいっぱい。

先日セットしたアオリイカの産卵床を見に行くも、特に変化なし。。

kyarameru190305-02

キャラメルウミウシです。

小さめ個体。

sagamiame190305-02

アヤニシキアメフラシです(名前ではないよ)。

zouge190213-03

ゾウゲイロウミウシもあちらこちらに沢山いました!

ほかに見られた生物は、
魚類:アマミスズメダイっ子がいっぱい! ヤリカタギ ムロアジちょい群れ ハタタテハゼ群がり クマノミはすでにレアものに… セナキルリスズメダイっ子もいっぱい

ウミウシ類:ミスジ キスジ コンペイト ユビ 
 
甲殻類:イソギンチャクエビ

ホエールソングは聴こえない

明日はどんな海かな~?

八重根はべた凪ぎかな?

八丈島ダイビング アルケロンより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>