午後からナズマドはやっぱり北潮激流!

ご案内:緊急事態宣言が延長されましたが、「アルケロン」は引き続き営業させていただきます。今まで以上に感染防止対策の徹底させて頂きますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願い致します。

ご予約・ご来島の前に、コロナ禍での営業取り組みを今一度ご確認くださいますようお願い申し上げます。

当店の新型コロナウィルス対策について←コチラ

皆様にお会いできる日を楽しみにしております。

八丈島ダイビング アルケロンより

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

皆さんこんばんは!八丈島アルケロンダイビングクラブです!

今日の八丈島は、東寄りの風がほどよい感じ。 最高の土曜日ですね…ってお客様がいない週末にこんなとは!

とはいうものの仕方ないので、のんびりと午後から潜ってきました。

210515-na02

土曜日とあってか磯場には釣り人も沢山。

右からエントリーしているダイバーもいて、先端ではルアー遠投中。

ノーマルのエントリーエリアにはカゴ釣りでオキアミがふわふわと漂ってました。

カオスですな。。

2021/5/15☀のち ナズマド 水温21℃ 透視度20m 気温16.3-23.8℃ 風:北東→東(Max10.8m/s)

ドボンと入ると、そのオキアミが漂っているのでかいくぐって沖へ。

nisegoishi210515-na

大きなニセゴイシウツボが昨日と同じ場所に鎮座。

ユウゼンの群がりはどこへやら。

単独やペアはあちらこちらにいました。

群れ解散かな。。

yuzen210515-na-02

激流の北潮を避けてイソバナに隠れているユウゼン。

harisenbon210515-na

ハリセンボンもミズガメカイメンの中に隠れておりました。

kumanomi210515-na

クマノミの産卵、ナズマドではとっくに始まってました。

ここのクマノミの卵はすでにハッチアウト寸前なぐらい目玉がキョロキョロ。

hanamino210515-na

ハナミノカサゴです。

あまりない角度から!

kanpa210515-na

エントリエリアに戻ると、コマセに誘われたのか、ショゴタンが3匹。

アジの開きサイズ‥‥より小さいかな??

ほかに見られた生物は、
アオウミガメいっぱい
魚類:丸々としたウメイロ群れ カッポレ ナンヨウカイワリ ヒレナガカンパチ ツバメウオ タキベラっ子 キツネベラっこ アマミスズメダイっ子 

ウミウシ類:凪ぎ続きのせいか沢山でてました!!

甲殻類:ロボコン

明日はどんな海かな~?

八丈島ダイビング アルケロンより